気になる値段

歯医者での歯ぎしりの治療の値段についての動向についてご紹介します。

歯医者で歯ぎしりの治療はどのようなものやるかというと、基本的には歯ぎしりしてるかどうかを歯医者が判断します。 そして歯ぎしりをしているのであればまずは歯型を上下ともとります。 そしてそのあとその歯型を下にマウスピースを作成するのです。 ここまででかかる費用ですが、歯医者に通う回数は2回から3回で、マウスピースは健康保険が適用されますので、マウスピース自体の値段は3,000円から5,000円程度です。そしてその他の治療費も健康保険が適応をされますので、トータルで、6,000円から7,000円の治療費で全て済むことができます。 これらの価格の傾向は、今後もそれほど変わる事はなく、横ばいが続いていくと思われます。また現在30代40代の男性を中心に歯ぎしりをしている人がとても多いので、このマウスピースをする人は今後も多くなっていくと予想されます。

この歯ぎしりの治療の歴史についてご紹介します。

歯ぎしり自体は、昔から多くの人が夜寝てる時に来ていたことですが、これが非常に半に悪影響与えたり、顎の痛み、頭痛、肩こりなどにも影響を与えているとわかってきたのは、平成に入ってからという歴史があります。 特にバブル崩壊後は、ストレスを溜め込む人が多く、30代や40代の男性ではかなり多くの人が歯ぎしりをしていると言われています。 そしてここ20年ほど歴史の中で歯医者は、歯ぎしりの予防方法として、マウスピースを作ることを始めてきました。 最近では、医療技術の発達に伴い、自分の歯に完全にピッタリのマウスピースを作成することがここ10年ほどでできるようになりました。 このように歯ぎしりとマウスピースと歯医者の歴史は進んできたのです。