悩むならすぐ歯科へ

埋伏歯に悩む方が増えている

近頃では、子どもの永久歯が出てこないという症状で、歯科医院に相談する方が増えています。なぜ永久歯が生え変わらないかというと、ほとんどのケースで埋伏歯になっている可能性があります。この埋伏歯というのは、永久歯が顎の骨や歯茎で止まってしまうことで、乳歯と生え替わらない症状です。なぜこのようなことが起こるかというと、子どもの顎の小ささや遺伝、先天的な異常などいろいろあります。 埋伏歯は、そのまま放置すると色々な弊害があります。たとえば、周りに生えている健康な歯の根っこを傷つける恐れがあります。また、その歯が本来生える場所の両隣の歯が倒れこみ、生えてくる場所がなくなります。また、かみ合わせも悪くなるなどの症状も見られます。よって、気がついたらすぐに歯科医院に相談したほうが良いです。

歯科医院で行われる埋伏歯の治療方法

歯科医院の埋伏歯の治療方法は、色々な症状によって変わります。まず、乳歯が歯茎に残っていることで永久歯が生えない場合は、乳歯を抜歯します。乳歯を除去することで、スムーズに永久歯が出てこれるようになります。 その他の方法は、歯茎を切って永久歯の頭を出す方法です。これは、乳歯が抜けて時間が経っても永久歯が出てこない場合に有効です。ことがあります。永久歯が出てこない理由は、歯茎が硬くなったことで永久歯が突き破って出てこれないことが考えられます。よって、歯茎をきることで、永久歯が出やすくすることができます。 その他にも、歯科矯正で引き上げる方法もあります。矯正では、定期的にレントゲンを撮影して、他の歯に矯正器具をつけます。そうすることで、スムーズに歯を引っ張り出せます。